運動は身長を伸ばすのに効果ある?

子供には運動をさせた方がいいの?

運動の効果は?

子供が成長するためには外で元気に遊ぶこと、といったことが昔から言われていると思いますが、実際に身長を伸ばすためには運動は効果があるのでしょうか?


この部分ついて結論を言ってしまえば、ある程度は運動をした方が良いです。


運動をすることによって骨に良い刺激を与えるわけではありませんし、ハードなウエイトトレーニングなどは関節に負荷をかけ過ぎて骨が伸びようとしているのを妨げることもあるようです。


しかし、小中学校の部活動で行われる程度の運動であれば、体が成長しようとするのを助けてくれるメリットがあるのです。


  • 運動によって成長ホルモンが分泌
  • 疲労によって睡眠の質が上がる

といったことですね。


運動によるメリット

部活動

運動することのメリットの1つ目は成長ホルモンですね。


成長ホルモンというのは、身長を伸ばしたり、お肌を作ったり、筋肉を作るために必要なホルモンですね。


寝る子は育つ!子供の身長を伸ばすには睡眠が大切!」という記事で説明したとおり、成長ホルモンは主に睡眠中に分泌するものなのですが、これは運動をした後にも分泌されることが知られています。


最近ではスポーツジムなどに通う女性が増えたのも、運動によって成長ホルモンが分泌されることが認知されたからではないでしょうか?


成長ホルモンは古くなったお肌を新しいものと入れ替えるために必要なので、身長だけでなく美容にとっても運動や睡眠はとても大切だと言われていますね。


しかも身長を伸ばすためには筋トレは逆効果と言われることがありますが、成長ホルモンを分泌する運動というのはランニングのような負荷の軽い運動ではなく、スクワットや腕立て伏せなどの中程度の負荷のものなんですね。


だから、常識の範囲であれば、筋トレをすることは実は身長を伸ばすうえでメリットになるのです。


 >関連記事:筋肉を付け過ぎると身長が伸びないって本当?


また、よく言われるのがジャンプを頻繁にするバスケットボールのような競技は身長が伸びやすいとか、サッカーは身長が伸びにくいと言われますが、実はこれらの競技を行うことによる刺激が身長に何か影響を及ぼすわけではありません。



そのため、お子さんの身長を伸ばすために特定のスポーツを無理にやらせるようなことをしても、あまり効果は望めないでしょう。


そしてもう1つのメリットとして、昼間しっかりと運動をすることによって睡眠の質が上がります


この点については、運動は体がしっかりと疲労を感じられること、そしてストレス解消にもなるために睡眠の質が上がることが明らかになっています。


実際にジョギングでも球技でもいいのですが、定期的にそういった運動をされている方は終わった後にびっくりするくらい頭の中がスッキリとしたように感じませんか?


これは運動によって脳内に幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるためです。この物質が脳内に分泌されることによって、ストレスが軽減されるのです。


そうすると、睡眠の質に大きくかかわる自律神経のバランスが安定するために睡眠の質が高くなりやすいのです。


リラックスするという意味では、ストレッチやヨガといった筋肉を伸ばす運動をすることも効果的ですし、体を伸ばすことによって骨格の偏りなどが矯正されて結果的に身長が伸びることも期待できるので、お風呂上りなどに実施することをおすすめします。


 >関連記事:ストレッチやヨガで身長が伸びるのはなぜ?


以上をまとめると、運動によって成長ホルモンの分泌が促進され、さらに夜の睡眠の質向上によっても成長ホルモンにとって良い影響を与えるために、運動は身長を伸ばすために有効だと言われているわけですね。


もちろん、運動をしたからといって誰もが身長を伸ばせるわけではありません。しかし、最大限その子の持っているポテンシャルを高めてあげるように、運動も忘れてはいけない大切な要素であると考えて、不足しているようであれば取り入れてあげることも親御さんの役割だと思うのです。


うちの子の身長は伸びるのかな…と不安な方に
話題の成長サプリ ドクター・セノビルって本当に効果があるの?