筋肉を付け過ぎると身長が伸びない?

筋肉をつけすぎると身長が伸びない?

筋トレ

小学校高学年から中学生くらいのちょうど思春期と言われる時期に、クラブ活動などで筋肉を付け過ぎたために骨が成長を妨げられて身長が伸び無くなるという説が昔からあるのはご存知だと思います。


私は小さい頃からサッカーをやっていて、中学1年生の頃から自主的に筋力トレーニングをしていました。


しかし、身長は大きい方でその時には既に170cmを超えており、家で私が筋トレをするのを見ていた親から「そんなに筋トレやったら身長止まるよ!」などと言われ続けていました。


もちろんそのときは、何となく正しい気がしていたのですが、まあ170cmは超えたのでたとえ身長が止まったとしてもサッカーで負けたくない!という思いから筋トレを続けていました。


でも、結局高校1年生になるころには181cmまで身長が伸びました。


なので、筋トレをしても身長が伸びないというのはウソだと身をもって証明したのですが、あれから20年程経った今でも筋肉を付け過ぎると身長が伸びなくなると言われているようです。


しかし、実際には筋肉が増えることによって身長が伸び無くることを示すデータは今のところ無いそうです。


どうして身長が伸びないと言われるようになった?

関節への負担

筋トレをしたりして筋肉量が増えたとしても身長が伸びなくなるというデータは全くないのに、どうして上記のような説が末永く言い伝えられているのでしょうか?


おそらくその理由は、「骨の成長にとって重要な関節に過剰な負荷をかけてはいけない」という表現が誤って解釈されたのだと思います。


一般的に関節に負担がかかるようなものと言えば比較的ハードなトレーニングが多いため、「負担をかけてはいけない」 ⇒ 「過剰な筋トレはダメ」 ⇒ 「筋肉を付けてはいけない」というように意味合いが変わってきたのだと思われます。


身長が伸びるためには骨が伸びる必要があるのですが、骨というのは全体が伸びるのではなく、関節に近い部分にある骨端線(こったんせん)と言われる比較的柔らかい部分が伸びるのです。


骨が伸びる力はとても強いので、筋肉で抑えている程度では止めることができません


よって、おもりなどを持たずに自分の体重を支える程度の負荷の筋トレくらいでは、骨に負担がかかるどころかむしろ運動によって成長ホルモンが分泌されるので、身長にとっては良いことなはずなんです。


 >関連記事:運動は身長を伸ばすのに効果あるの?ないの?


しかし、昔の部活動などで用いられていたうさぎ飛びなどのように筋肉を鍛えることよりも関節に負担を与えるような運動は、身長を伸びにくくさせてしまう可能性があるようです。


これは、伸びるべき骨端線に負担をかけ過ぎるために、骨が固くなって伸びにくくなるというのです。


つまり、筋トレによって伸びなくなるのではなくて、関節に不自然な負担をかけ過ぎることが良くないのです。


例えば成長期である中学生が100kgのウエイトを担いでジャンプするようなトレーニング(普通は無理ですが)は悪影響を及ぼす可能性がありますが、普通に腕立て伏せやスクワットをやる分には問題ないでしょう。


それで問題があったらジョギング程度でも身長が伸びなくなってしまいますから、子どもは元気に遊んだ方が健康に良い、ということと矛盾してしまいますね。


筋肉質な人が身長が低いのはなぜ

筋肉質

ここまでで、筋肉を付けすぎると身長が伸びないというのは噂レベルの話だと分かって頂けたと思いますが、経験上、筋肉質の人って背が小さい方が多いというのは私もなんとなくわかるのです。


もしかしたら、そんな経験談から筋肉を付け過ぎると・・・という噂に発展したのかもしれませんが、これはごく当たり前の話なんです。


結論から言うと、身長が止まってから筋肉が太くなりやすい体質になるのです。


私たち、特に男性であれば分かると思うのですが、小学生〜中学生くらいの身長が伸びている時期というのは、どんなに運動をしてもそれほど筋肉が付くことはありませんよね?


子供っぽい体顔つきなのに、体だけ筋肉がムキムキという人は見みたことないのではないでしょうか?


小さい頃から体操競技などをやっている子でも、特に筋肉質というわけではありません。


中学生でも大人のようにガッチリとした体型の子もいますが、大体が身長が止まっていたりして顔つきもちょっと大人びている子が多いと思います。


それが身長が止まる高校生くらいになると、大して運動をしていないような子でも大人っぽいがっちりとした体つきになってくるように、筋肉が付きやすい体になります。


これは、私たちの体は大人になるにしたがって、速筋といわれる太い筋肉が付きやすくなるからなんです。


つまり、筋肉がたくさん付いている人が身長が伸びていないのではなくて、身長が伸びなくなったために筋肉が付きやすくなったのです。


そのため、身長のことなど気にせずに、健康にすくすくと成長するためには学校の授業や部活動で行われる程度の運動や筋トレは積極的に行っていった方がいいのです。


身長が伸びる時期というのは本当に限られているため、「筋肉を付け過ぎると身長が伸びないんじゃない?」なんて気にせずに、思いっきり運動をしてしっかりと身長を伸ばすために必要な栄養を摂るという基本的なことを徹底して実行するべきだと思います。


うちの子の身長は伸びるのかな…と不安な方に
話題の成長サプリ セノビルって本当に効果あるの?