ジャンプと身長 | バスケやバレーボールはなぜ背が伸びる?

ジャンプをすると身長が伸びる?

ジャンプ

身長が高くなりたいと思っている方、そして子供の身長に悩んでいる親御さんの多くは、ジャンプをすることによって身長が伸ばすことはできないか?ということを考えるのではないでしょうか?


一部の方に至っては、子どもの身長を伸ばしてあげたいという理由だけでバレーボールやバスケットボールをやらせているという方もいるようです。


実は私もジャンプをすれば身長が伸びるということを信じていて、中学2年生頃に毎晩家で必死に垂直ジャンプを繰り返していた時期がありました。


しかし、毎日必死にジャンプを繰り返したものの身長が伸びることはまったくありませんでした


当時は思ったような結果が出なかったことに対して、ジャンプをすることによる効果よりも遺伝の方が強いのかな、と自分の中に勝手な理由を作って納得していました。


でも、実際には多くの人が何となく信じているだけで、ジャンプをすると身長に良い影響があるということは科学的に何の根拠もないのです。


もちろん身長を伸ばすために運動をすることは骨の成長を促進するうえで大切な事なので、運動をするという意味でジャンプをすることも体に良い影響を与えるでしょう。


>関連記事:運動は身長を伸ばすのに効果あるの?ないの?


しかし、ジャンプをすることがそれ以外の動作よりも骨の成長に著しく良い影響を与えるということを証明した事実はないのです。


バスケやバレーをやっている人の身長が大きい理由

バスケットボール

ジャンプをたくさんしたところで身長が伸びるわけではないといいましたが、実体験としてやっぱりバスケやバレーボールの選手は多くの人が明らかに平均よりも身長が高いから、絶対にジャンプをすることは背を伸ばす効果があるはずだと思う方もいるでしょう。


私も初めはそう思いました。しかし、よく考えてみて下さい。


あなたの出身中学や高校の部活動を思い出してみて、バスケットボール部やバレーボール部の部員は身長が高かったでしょうか?


よほどの強豪校でない限り、おそらくそんなことは無いと思います。もし、身長が高いとしてもほんの数人でしょう。


私の通っていた中学校に限って言えば、バレーボール部よりも一般的に身長が伸びにくいと言われているサッカー部の方が明らかに背の高い人が多かったです。


ちなみに、サッカー部は全国大会に出場するような強豪で、バレーボール部は特別強くはなかったということも影響していたのでしょう。


つまり、普段私たちが目にするテレビに出てくるような一流選手や強豪校の選手の場合、身長が高いことが有利になる、または身長が低いことが不利になる競技やポジションには、背が高い人が当然競争を勝ち抜いて君臨しているというだけなのです。


単純に、同じ実力なら身長が大きい方が有利である競技やポジションに大きい選手がいるだけで、競技やポジションが身長を伸ばしたわけではないのです。


バスケットボールでも、背が高くなくてもよいポジションには170cmくらいの方が普通に活躍していますし、逆にそれほど身長が大きくないイメージのあるサッカーでもワールドクラスのディフェンダー(得点を取られないように守る人)は、185cm以上あるのが普通です。


>関連記事:サッカーをしていると身長が伸びないという噂は事実なの?


当たり前ですね。どんなに技術があっても、ヘディングで競り負けていたらディフェンダーとして活躍できませんから、適材適所でそのポジションには背の大きな人が生存競争で勝ち残っただけなのです。


決して毎日ヘディングをするためにジャンプをしていたから大きくなったわけではないのですね。


つまり、バスケやバレーボールの選手の身長が大きいというのは、お相撲さんが太っているというのと同じで、その方が有利なので結果的にそういう選手が生き残ったということなのです。


よって、身長を伸ばすために無理やりジャンプの多いスポーツをやらせるよりも、運動・栄養・睡眠という基本的なことをバランスよく実施する方がよっぽど大事なことだと思います。


 >関連記事:寝る子は育つ!子供の身長を伸ばすには睡眠が大切!


身長を何とかして伸ばしてあげたいという気持ちはわかりますが、何となくのイメージで無理な運動をさせることはケガをさせてしまうことにもなりかねないので、基本的には体を作るために必要な基本(運動・栄養・睡眠)である子供らしいバランスの取れた生活を送れるようにサポートしてあげることが大切なのです。


うちの子の身長は伸びるのかな…と不安な方に
話題の成長サプリ セノビルって本当に効果あるの?