子供の身長が低いのは遺伝?

子どもの身長に親の遺伝はどのくらい影響するの?

疑問

うちの子が小学校3年生くらいのころ、周りの子に比べて背が小さく、成長の早い子と比べると本当に見た目が2学年くらい違うように見えるくらいの差がありました。


私も夫も背が大きい方ではなかったので、もしも自分たちの身長が遺伝して子供も小さいままだったらどうしようと心配していました。


私と同じように自分たちの身長が子供に遺伝してしまうのではないかと悩んでいる親御さんは多いと思います。


しかし、これだけは知っておいてもらいたいのですが、身長に遺伝的な要素はあるものの、実はそれほど大きな割合を占めるものではないということです。


一般的に身長に関する遺伝の影響は約25%くらいと言われるので、決して無視できるものではありません。


しかし、遺伝以外の後天的な要素の方が身長の伸びを決めるための重要な要素になっているということをしっかりと頭にいれて、お子さんの身長を伸ばすために未来を見据えて最大限サポートをしてあげることが大切です。


背の小さい親の習慣が子供の身長に悪影響

身長に悪影響を与える習慣

上にも書きましたが、身長は遺伝だけでは決まりません。むしろ遺伝以外の要素が全体の75%を占めると言われています。


身長に影響を与えるものとして「遺伝、栄養、睡眠、運動」という4つ要素が挙げられます。


遺伝以外の3つのそれぞれの重みはハッキリわかっていませんが、栄養も睡眠も運動もすべて骨の成長には欠かせないものなので、それぞれ25%ずつ影響を与えていると考えてバランスよく実行することが大切です。


先ほども言った通り遺伝は約4分の1の25%ですから、いかに遺伝以外の栄養や睡眠、運動という面をサポートできるかが大切なのです。


まず栄養ですが、身長を伸ばすためには骨の成長に大きな影響を与えるカルシウム、マグネシウム、亜鉛と、筋肉のもととなるタンパク質が必要になります。


また、成長ホルモンを分泌するために必要なアルギニンなども大切です。


これらの栄養が不足すれば、身長の伸びに悪影響を与えかねません。


睡眠は成長ホルモンの分泌量に影響しており、睡眠をしっかり取ることで、成長ホルモンの分泌は盛んになり、身長が伸びるというわけです。睡眠不足は成長ホルモンの分泌量を減らし、低身長を招きます。


 >関連記事:寝る子は育つ!子供の身長を伸ばすには睡眠が大切!


そして運動ですが、一般的にジャンプをするような競技が身長を伸ばすと思われがちですが、そうではなくて軟骨にほどよい刺激を与えること、そして運動によって成長ホルモンが分泌されることが身長に良い影響を与えてくれるのです。


 >関連記事:運動は身長を伸ばすのに効果あるの?ないの?


また、身長は遺伝だけでは決まらないというのは、実際に私と妹の身長が証明しています。


うちの両親の身長は父が172cm、母が161cmとそれぞれごくごく平均的な大きさでした。


もしも遺伝が大きな影響を与えるとすると、私たち姉妹もおおよそ平均的な慎重になるはずですね。


しかし、実際には私が151cm、妹が166cmで身長が止まりました。


この結果には私もすごく疑問でしたが、のちに母親から食生活の違いを聞いて納得しました。


聞くところによると、私は小さいころから偏食が激しかったのですが、妹は好き嫌いが少なかったそうです。睡眠や運動についてはそれほど明確な差はなかったようでした。


その結果、私と妹の身長差は15センチになっています。


同じ両親の遺伝子を受け継いだはずなのに、これだけの差が出るのですから、身長は遺伝だけで決まるものじゃないということが分かって頂けるのではないでしょうか。


ただ、実際に低身長ファミリー、高身長ファミリーがいるも事実です。これは遺伝じゃないのか?と言う人もいるかもしれません。


確かに遺伝も影響していますが、むしろ同じ家で生活を共にしていることで、睡眠時間や摂取する栄養、運動の好き嫌い、喫煙などの習慣が似通ってしまうことの方が影響が大きいと思うのです。


 >関連記事:タバコで子供の身長が止まるって本当?子供の前でタバコはやめよう!


比較的夜更かししがちな家は家族全員が寝るのが遅かったり、または不規則だったり、親が嫌いな食材はだいたい食卓には並ばないものです。


また、親御さんが運動が好きじゃなかったり、外に出て遊ぶことが好きじゃないと、小さい頃からお家で遊ばせることが自然と多くなるため、運動を好まない性格になりがちです。


そういった意味で、親の睡眠や食事、運動の習慣自体が一緒に生活をする子供に身についてしまうので、結果的に遺伝以外の残り約75%の部分まで遺伝してしまって、高身長ファミリーや低身長ファミリーができていしまうのだと思います。


よって、単に子供に栄養や運動の大切さをいうだけでなく、親御さんも一緒になって習慣づけさせてあげるようなサポートが重要なんですね。


変えられないものよりも、変えられるものに目を向けて!

愛情を注ぐ

身長と遺伝について調べている方の中には、遺伝だから仕方がないと半ば諦めてしまっている方もいるのかもしれません。


重要なことなので繰り返しますが、身長には遺伝的要素もあるのですが、割合は大きくありません


そもそも、遺伝子の情報はどうやっても変えることはできないのですから、気にするだけ無駄であることに気づいて下さい。


遺伝について調べる時間があるなら、それ以外の要素についてどんなサポートをすべきか調べるべきです。


必要な栄養を摂取できるような食事、適切な睡眠時間とリズム、子どもらしく元気に遊ばせることによって体を動かすことで、身長が伸びることに期待をかける方がよっぽど前向きです。


何度も言いますが、身長を伸ばすためには先天的要素よりも後天的要素の方が重要なのですから。


それに、背が伸びる時期は限られています。男の子なら中学校から高校にかけて、女の子なら小学校高学年から中学校にかけてです。


この時期を逃してしまうと、簡単に身長を伸ばすことはできなくなってしまいます。


子供の背が高くなってほしいのでしたら、成長期にしっかりと伸びるように早い時期から遺伝以外の3要素をサポートしてあげて下さい。


早ければ早いほど大きな効果が望めるわけですから。


また、忘れてはいけないのが子どもにしっかりと愛情を注いであげることです。


これが足りないと子供はストレスを感じてしまい、ストレスは睡眠の質を下げ、成長ホルモンの分泌量を減らすため、心身の成長の妨げになってしまうのです。


身長を伸ばしてあげようと、色々な面でサポートしてあげることは大切ですが、細かいことを言いすぎて子供にとってストレスとならないように、程よい距離感で長期的に継続してあげることも大切です。


うちの子の身長は伸びるのかな…と不安な方に
話題の成長サプリ セノビルって本当に効果あるの?