子供がカフェインを摂りすぎると身長が伸びなくなる?

カフェインを飲むと身長が止まる?

疑問

お子さんの身長が小さいことを気にしている親御さんの中で、カフェインを摂りすぎると身長が伸びなくなるという噂を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?


実際に私が子供の頃にも母親から同じようなことを言われていました。


そのため、成長期の子供にはコーヒーや緑茶、それからコーラなどもできる限り飲ませないようにしているという方もいるんじゃないかと思います。


でも、実はカフェインが直接身長の伸び止めるような効果を発揮することはありません


ただ、結果的に身長に悪影響を与えてしまう可能性は高いので、飲みすぎないように気を付けることは大切なのです。


では、どうして子供にカフェインを摂らせすぎてはいけないのか?その理由やどのくらいなら飲ませても良いのかという目安について紹介していきましょう。


カフェインと身長の関係は?

説明

カフェインを摂りすぎると子どもの身長の伸びを阻害すると言われることがありますが、本当のところはどうなのでしょうか?


実はカフェインを摂ることによって、体内のミネラルなどを排出しようするためにカルシウムも尿とともに排出されやすくなってしまいます

このような事実から、「カフェインを摂りすぎると身長が伸びない」という風に言われるようになったのでしょう。


ただし、このように「○○をすると××が減る(または増える)」という話を聞いたときには、必ず「どのくらいなのか?」疑問を持たなければいけません。


カフェインにはカルシウムを流出させる作用があるのは事実ですが、実際のところ、ほとんど影響のないレベルです。


レギュラーコーヒーを1杯飲んでもカルシム減少量はわずか2〜3mg 出典:日本乳業協会HP

厚生労働省が公表している日本人の食事摂取基準(2015年版)を見ると、1日当たりのカルシウム摂取推奨量は、10歳の子供で700mg程度、12〜13歳になると1000mg程度ですから、コーヒーを数杯飲んだからといってカルシウムが不足するようなことはありませんね。


だからカフェインを摂ることによってカルシウムが失われるというのは本当の話なのですが、それが直接身長に影響することは無いと言っていい程度なのです。


カフェインの問題は眠れなくなること

眠れない

基本的にはカフェインが直接身長に悪影響を与える可能性はほとんどないのですが、間接的に身長にとって悪影響を与えてしまう可能性は十分にあるのです。


それは、誰もが知っているカフェインの強い覚醒作用です。


カフェインを摂ることによって、睡眠が浅くなり、結果的に睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが少なくなってしまうため、身長が伸びにくくなってしまう可能性があるのです。


>関連記事:寝る子は育つ!子供の身長を伸ばすには睡眠が大切!


体調や体質によっても差はありますが、カフェインの覚醒作用は結構長く続き、その作用は約8時間から14時間ほど持続されると言われています。


そのため、たくさん飲む人ほど覚醒作用も長く続くので、当然睡眠の質を落としてしまいやすいのです。

また、コーヒーを飲むことが習慣になってしまうと、カフェインによって睡眠のリズムが崩れるために昼間に眠くなり、その眠気覚ますために昼間にさらにカフェインを多く摂取するようになるという悪循環をもたらしてしまうことも考えられます。


そのため、睡眠の質を確保するという観点で考えると小学生くらいの子どもの判断でコーヒーなどを好きなように飲ませることは、できれば避けた方がいいでしょう。


子どものカフェイン摂取量の目安とカフェインの多い飲み物

カフェインを摂りすぎて、睡眠に悪影響を与えてしまわないためにも、おおよそどの程度のカフェイン量に抑えるべきなのかどのような飲みものを何杯くらいなら飲んでもよいのか、という目安が欲しいところですよね。


でも、日本では子供のカフェイン摂取について特に制限をしたり、推奨量などを発表したりはしていません。


そこで、カナダの基準を参考にしてみましょう。


カナダでは不眠やイライラしやすいといった観点から、年齢ごとに1日のカフェイン摂取量の目安が決められており、



とされています。


それに対して、一般的に小学生でも口にすることのある飲み物のカフェインの含有量は


コーヒー

  • コーヒー(1杯150ml):約90mg
  • コーラ(ペットボトル1本500ml):約50mg
  • お茶(ペットボトル1本500ml):約75mg

といったところなので、身長が伸び始める時期の小学校の中〜高学年のお子さんであれば、インスタントコーヒーなら1杯、ペットボトルなら1本程度に抑えておいた方がよいでしょう。


もちろん、カナダの事例はあくまで推奨量なので、1回でも摂取量がオーバーしたら悪影響が出るというわけではありませんが、身長のことを気にしているのであれば親御さんがしっかりとカフェインを摂りすぎないように管理してあげて下さい。


過剰に摂取量を気にする必要はありませんが、カフェインの多い飲み物を知っておいて、明らかな過剰摂取はすぐにわかるように、カフェインが多く含まれる飲み物をだいたい何杯以下に抑えた方がいいのかを知っておくことは大切です。


是非、お子さんの生活習慣の管理に活かしてみて下さい。


うちの子の身長は伸びるのかな…と不安な方に
話題の成長サプリ セノビルって本当に効果あるの?